2011/11/10

Summer 2011 - SlideShow

今年の夏シーズンも無事に終えることが出来ました。みなさんありがとうございます。また来年もよろしくお願いします(`・ω・´)ゞ

2011/09/02

晩夏の陽が沈む

台風12号タラスのおかげでひさびさまったり(*´∀`*)滞ってたのまとめて一挙更新!薄れゆく記憶を頼りにいっきまーす☆彡


2011/7/27~31 kuro-asahi & shiro
藤女子のサポートで黒~旭+白の縦走。岩石をも噛み砕く野獣のような教師ときゃぴきゃぴ歌をうたいながらあるく(将来の)山ガールたち。彼女たちのおかげで新しいゲーム覚えることができまちたっ☆彡ダウトっヽ(*´∀`)ノ !!


2011/8/3~4 youtei
高山さんのお手伝いで羊蹄一泊。小屋2Fから夕焼けショー&岩内湾に浮かぶ漁火サイコー(人´∀`).☆.。.:*・゚


2011/8/5 shakotanFP
シャコタン☆ブルー&海鮮トリップ(^^♪さいごにリニューアル一望館でリフレッシュ☆彡


2011/8/6 sandan
三笠@石炭ザンギ&アイスで身も心も満たされ~(・∀・)


2011/8/7~8 nipe
りんゆうツアーで二ペソツ(^_-)-☆


2011/8/9~14 ishimuro
黒岳石室にて諸々もろもろ(゚з゚)


2011/8/16 ukishima
浮島湿原~やまびこの滝へ☆彡マウレミュージアムなど丸瀬布day(^^ゞ


2011/8/17 muka
時計まわりでムカ☆彡ライオン岩のように強く逞しく生きていきます♪~(´ε` )


2011/8/19~21 rausu
暑さに負けズ!あきらめズ!全員登頂(^O^)根室海峡は雲海のした~


2011/8/24~25 tomura
日帰りトムラの泥泥loadで大切なのは、潔くあきらめるコト☆彡これに尽きるっすm(__)mずいぶん静かなトムラでちた(^_^;)


2011/8/27~28 angiras
ニセカウ&平ピークも踏んで完全縦走達成☆彡ゲストのみんな厭よ厭よと謂いつつ這松漕ぎを好きになる日も近いかもしれないし近くないかもしれないし(*´・ω・)(・ω・`*)


2011/8/30~31 ashibets
ピーク直下で羆五頭と遭遇。決して遠くない距離だけどみんな冷静沈着。背中の白いヒグマさんもさり気なく遠ざかってくれまちたm(__)mお心遣いありがとうございます羆殿!

2011/07/20

百花繚乱

ジャストに百花繚乱・黒岳トリップ☆彡晴天無風ときおりソヨ風、陽射しジリジリ。白鳥千鳥雪渓グッドなラインだし石室ポンクロ間はチングルマ咲き誇り~の周辺は駒草が旬を迎え~の思わず冷たいビールに手のびてしまうのをグッとこらえるのがなにより核心!!このまま石室泊に変更してしまお~か、、、、ちょい頭よぎりました。夜霧よ~今夜も~♪













2011/07/18

ニセカウ

雨つづきの幌尻からお花ベストシーズンな大雪山系へ転進。ラストは雨うたれるもお花堪能☆彡泥々の登山道も誰ひとり転ばなぁ~い(*^^)vあるきはじめカンバ・ロードの緑が綺麗で地味に好きっ(*^^*)




























2011/07/12

漁沢 vol.2

前回に引き続き沢入門編の二回目。今回も終始天候に恵まれ沢日和な感じ。山頂からの展望もみれたし懸垂下降もできたしパチパチ(^_-)-☆

2011/07/11

二ペソツ

ずっと雨予報だったのが前日に曇り予報、当日は快晴無風&ガス☆彡そしてピーク滞在時だけガスが消えるまさに奇跡に近い展開Σ(´∀`;)早乙女チームの晴れパワーおそるべし。野球でゆーとさよなら満塁ホームラン♪って感じ。やることなすことすべてがうまくいっちゃうんだなぁ~(*´∀`*)なっきーにも会えたしっ☆彡みんな萌え萌え~

2011/07/09

松山湿原 - one day trip

名寄道の駅には広大なスペースに沢山のモチモチな大福さんがズラリ(;´Д`)限られた時間内で欲しい物を見極めそして購入を無事終えバスに舞い戻る。それが旅の核心部でした。行きと帰りと2ラウンドありました☆彡トムラの日本庭園を彷彿する天空の松山湿原。某所で蕗と独活の臨時収穫もアリ。まったり系トリップもまたイイでしゅね・:*:・(*´∀`*)・:*:・

2011/07/07

アンヌプリ

みんなでハイドレーションシステムを点滴のチューブみたいだの病人みたいだの不衛生だの散々文句言った挙句に同行のゲストひとりが「きょう持ってこなくてよかったわ」の一言(笑)フォローのしようが無いほどまでトコトン傷めつけられてたハズなのに告白せざるを得ない。世界のすべてをお笑いで締め括ってしまう早乙女学級の勢いでした。登山中も車中でもずっとずっと聴いていて飽きないニセコトリップでちた^m^

2011/07/06

上ホロカメットク山

賑やかな会話が安政火口に木霊していたのかもしれません。ほんのわずかなお花畑に一同感激☆彡え?代金?もう戴いておりますよっ(^^)みなさんの笑顔でっ(∀`*ゞ)テヘッ

2011/07/04

利尻雨情

りんゆうツアーで利尻島へ。出発時はコンディション的に厳しいかなっと心なかば思っていたけれど。雨ふるなかピーク到達っ━(゚∀゚)━!そして下山時はずーっと雨雨風風。滞りなく吹きつける強風と強まる雨脚。肉体的精神的に厳しい山行となったけど全員が無事登頂!けが人ゼロ人で下山完了!緊張感緩めることなく歩き続けてくれたみんなに感謝感謝m(__)m展望は得られなかったけどそれぞれ印象に残る山行になったのではないでしょーかっ。なにわともあれ山頂踏めてよかったです。かのう亭さんとマルゼンさんにお世話になりましたm(__)m島を離れる前に大漁らーめん☆彡ぜひっおすすめ!

2011/07/02

ニセイカウシュッペ山

茹だるような暑さのなか長いながい尾根。後半は可憐なお花さんが疲れたゲストを励ます。瞬く間に元気いっぱい☆彡はつらつ(^_-)-☆ピークからの展望は白いベールで消えちゃったけどさっそれまで満喫できたから未練ないよっ(^^ゞ

2011/06/30

平山旅情

ガス&雨&豊富な雪渓で泣く泣くリターン(T_T)稜線とどかなかったけどさっ、、、ヤチブキロードとサクラに萌え萌え(*^_^*)丸瀬布まで足をのばしマウレ山荘でまったりんぐ☆彡札幌発着の日帰り平山はなかなか遠いねっ。登山道でまこにゃん先生にバッタリΣ(´∀`;)

2011/06/29

旭岳

北嶺高校の学校登山のお手伝い。けっきょくガスが濃くて姿見の池でリターン。無理は禁物(^^ゞ学校生活最後の登山なのにピークいけず残念でしたが、バスに乗り込んですぐさまテキスト開く姿は流石でっす☆彡写真がなくてバイトの学生さんをパチっ(´・ω・`)

2011/06/26

夕張岳

さすが大人気!花の名山☆彡ニセコの古市さんに手伝ってもらいました。長い行程なのにみんなペースおちることなく歩いてくれまちた(`・ω・´)ゞ終始天候に恵まれて無事に下山。帰路、ゲストのひとりがセイコーマートで紛失したというグラサンを捜索のため立ち寄るがやはり見つからず、代わりに一枚の百円玉を拾う。新しいサングラス購入資金の足しになればとの想いから、、託しました(*^_^*)

2011/06/25

漁沢

漁沢下流域で入門編。沢初体験の方にいきなりシャワークライムはちょいハードだったかしらん。ちょい危険な巻道も確保しつつあがってもらう。冷えたカラダは支笏湖いとう温泉であたためて帰札。

2011/06/24

徳舜ホロホロ

石黒さんとコラボレーション企画。徳舜ピークに飛びだすと一面に拡がるお花さん☆彡そこまで寂しい雰囲気だっただけに感動も二倍。ホロホロ山荘であたたまってきのこ王国でまんぷく堂。帰路の妖しい羊蹄もgood☆彡

2011/06/10

層雲峡・黒岳石室

しばらくのあいだ層雲峡の黒岳石室にいます。雪掘ってボッカ(荷上げ)して毎晩仲間と酒を飲むのエンドレス。カラダと特に肝臓がボロボロになりますがそれもこれも人生!りんゆう観光さんが撮影&アップしてくれました☆彡



それから、きょう黒岳おりるとき仲間の滑走シーンを撮影したんだけどなかなかイイのが撮れました。黒岳はまだまだ積雪豊富です。スキー納めしてないヒトは是非!
石室にもおいでねっヽ(*´∀`)ノ

2011/05/25

小鉾岳

往路でもはや山菜モード突入。山頂につく頃すでにウドと筍で満載。わかっちゃいるんだけどカラダが言うこときかない。帰りもぶな新緑に癒されつつしっかり目は山菜モード☆彡登山口にある桜の木のしたでほのぼのランチタイム。桜野温泉でまったり。朝早く出てきた甲斐あって余裕ある午後のひとときでした。

2011/05/22

ピセナイ山

灰色の空だし、ぜ~んぜんっ期待してなかったのに。なんとなんとぜんぶまるみえっ☆彡しかもみんな初登頂!リーチ一発ツモって感じっ(^^)v。快晴そよ風のピークであたたかく一時間まったり。みんな展望に心うばわれウットリ・:*:・(*´∀`*)・:*:・去りがたい山頂をやっとやっとの想いで下山してきました。帰路の洛陽ショーもgood☆彡

2011/05/21

黒松内岳

向かう道中は雨雨雨。モチベーあがんない車内を美空ひばりでアゲアゲ(・∀・)演歌の勢いで?なんと雨雲が消える。雨上がりな湿潤たっぷり。あるきはじめは新緑に癒されるもまもなく木の葉が消える。まるで晩秋。さらにガスで幻想的な様相へ。森林限界越えたあたりでじわじわ視界拡がる。ピーク直下の雪渓も無難にクリア。下山時、足元から突如轟音。ブロック雪崩発生しばし見とれる。山の幸を収穫して温泉浸かって永澤商店で〆(^^)

2011/05/18

緑二輪草

みどり色の二輪草を探しに砥石山へ。密かに期待していたタラの芽は時すでに遅く採られたあと(T_T)。それでもみどり色の二輪草に出会えてよかった☆彡たっぷり時間かけてお花を観察。貸切の山頂でランチタイム。すこし風つよかったけど天候に恵まれ遠望もきき素晴らしい砥石山トリップでした・:*:・(*´∀`*)・:*:・小金湯温泉でまったりして、くるみやのシフォンケーキ買っておわり(゚д゚)ウマー

2011/05/15

samani trip

いにしえの様似山道へ。それぞれ想いを馳せながらあるく(*´∀`*)。。。なにかに想いを馳せながら。あるき終えて立ち寄った公園で日本一周中の男性に遭遇。あるいて公共機関で戻って再び車で戻るという斬新なStyle。わかりにくいけど、まずA→B歩いてB→Aへ公共機関で戻る。そして再びA→Bを車で移動し車中泊のエンドレス。区間を三度楽しめるっというのがイイらしい。宮城ナンバーだったけどもしや避難生活のまま日本一周?。蔵三であったまったら強烈な空腹に襲われセブンにエスケープε≡≡ヘ( ´Д`)ノ。海岸線はしる車中からの洛陽ショーは美しかった☆彡茜色の空に支笏湖周辺の山々がクッキリ見えました。

2011/05/14

札幌岳

ICI登山倶楽部チャリティーで札幌岳へ。今年は残雪多く尾根上にまもなくってトコでリターン。アクシデントもありましたがみんな無事に下山。小屋の前でまったりランチタイム(;゚д゚)ゴクリ…。山にのぼることで支援になるなんて素晴らしいっ☆彡たくさんのご参加ありがとうございましたm(__)m

2011/05/10

浜婦美旅情

雨の札幌発つと積丹半島は微妙な曇り。雨上がりな踏み跡を辿って無人の浜婦美海岸へ。心配したマムシくんは静かにしててくれました。山でウドあずきなニンニク・:*:・(*´∀`*)・:*:・春の収穫して一望館でまったり。シャコタントリップでした☆彡

2011/05/08

國稀旅情

霧雨のなか出発。浜益御殿向かうも幻想的な大阪山でリターン。増毛まであしをのばしてお酒について一考。國稀酒造でごっきげん☆彡あったまーるでラーメン&温泉・:*:・(*´∀`*)・:*:・ほっくほく。たまにはこんな日もあるさね~スノーシュー納めはまた来年。

2011/05/05

収穫旅情

一年分を収穫っ(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ。。。地味に貯蓄型だす。この時季、冷蔵庫はスキーシールとキトピロでいっぱいいっぱい。

2011/05/03

イチャンコッペ山

いよいよ夏山シーズン☆彡快晴無風でいいスタート切れたっヾ(*´∀`*)ノキャッキャ。今年もこの調子でバンバンいくど~

2011/05/01

山菜慕情

ここぞとばかりに山で培った強靭な足腰を発揮!雨に打たれながらも夢中で収穫☆彡濡れて滑りやすい斜面もなんのその。

2011/04/30

浜益岳~小川583

善盛園側の林道からアプローチ、御殿経由で快晴強風の浜益へ。悩んだ挙句に1145との間の沢へ。上半分は板がよく走るコンディション☆彡。途中から一気に変化してザックザックのざっくばらん。トラバって1145西斜面下部の急疎林帯へスイッチ。こちらもアタリ☆彡最後はクラックに落ちないよう慎重におりて側壁からのプレッシャーにビクビクしながら廊下。583二股は想定外に狭く、しかも人ひとり分の口ひらいてて轟音が響く。落ちたら確実に終了(TдT)。583左俣右岸尾根から復帰。稜線は風のつよい日だった。あとからわかったけど浜益直下ですれ違ったのはヤマさんパーティだった。

2011/04/24

三国内

荒天予報が好転、そして週末なのに貸切。麓は春の様相、山はたっぷりの積雪。埃と砂と様々な物質を含んだ雪。ザラメを通り越し「腐れ雪」と呼ばれるけどそれではあまりにもかわいそうだしこの際、なごり雪と命名。そう、なごり雪でした。雷電温泉はホテル雷電が復活、代わりに加藤が閉鎖。露天ないけど展望イチオシの内湯。でまさかのひとと遭遇。一瞬なんかのドッキリかと思ったちょヽ(^。^)ノ

2011/04/18

丹沢山~中岳~無意根山

ホワイト中岳をあとにしコンパス切って無意根へ。コルあたりでガス抜ける。視界ナシじゃ行きたくないっ(・_・;)願い通じた!午後から晴れ予報も無意根あとにしたらガス濃くなって再びその姿を目にすることはなかった。ジャストなタイミングでピークに立った( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ

2011/04/16

両古美山

りんゆうツアーお初のお山。向かう道中から雨(T_T)。入山が躊躇われる程の雨量でもなくレイン着用で出発。ガスで周囲の風景はただただ真っ白。なんとか肩まであがるも風と雨とガスと冷たさと切なさでリターン決定。天候に恵まれなかったけど怪我もなく無事に降りてきたのでよしと、、、(^_^;)え?ヨシとしていいですよね?

2011/04/14

中岳~無意根山

無意根の雪庇は弱点見つからず近寄れずクラック走ってるし君子危うきに近寄らず路線で断念。ヒュッテに降りてまったり。再びピーク戻って肩から白水源頭まで滑って帰路につく。板つかみけっこーヤラれた。源頭の静かな森に癒された。

2011/04/12

岩尾天狗

下山後どっちの温泉入るか会議するも夕陽荘閉店で残る選択肢へ。開口一番!500エン多いぞっ!何人はいったの?おつりもらってないのだれ?スタンプカードはひとりだけ!まとめることできないんですよ!お食事やってないんでしゅよ~。。。あったま~るのおじさん。アツい(^m^;)

2011/04/11

泥ノ木山

両古美から泥ノ木へ。エッジきかせてピークのっこしing斜面物色。悩んだ挙句ドロノキ東P849から。ガリガリにはじまり緩んできたと思ったらザックザク。あちゃ極端(T_T)。。。地形的にかなりgood!泥ノ木山なかなかどーしてイイじゃないかっ☆ミええじゃないかっ☆彡何本かよさげなライン発見っ!

2011/04/10

Venus Hill

ICI登山教室でニセコ!スキー場より山の方が賑やかっ!

2011/04/07

白樺山

スーパー快晴暴風の白樺山。ここ数日のポカポカ陽気で一気に春の様相ニセコ。雪解けはやく稜線上はフミヌキ注意報発令中!新見温泉でお吸い物いただいて身も胃もホカホカ(*^^*)美人女将は健在でした☆ミ

2011/04/05

大運動会



年に一度の運動会。なんか最後のほうカラオケ大会になってるし。よく苦情こなかったなと思うほどの爆音ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ。いや実際苦情あったのかもしれんけど、、知らん(笑)。リンダリンダとか大合唱した記憶がある。気づいたら風呂場で寝ていたし。翌朝、オブジェになってたど(;´∀`)って云われる。なんだかんだで内容の濃い総会でした。今回撮った唯一の写メ(^_-)-☆

2011/04/02

ワイスホルン

りんゆうツアーでワイスへ。昨年は前衛峰でリターンしたので意気込んで向かってみたものの今年も届きませんでした(T_T)なかなか天候に恵まれません。あたたかいバスでランチタイム。きょうもたくさんの差し入れいただきました。ありがとうございますm(__)m。ほんの少しだけアンヌイワオが顔出してくれたのは幸いでした。

2011/03/30

北鎮岳~凌雲岳

朝一番のロープウェイであがって二日酔い気味のあたまで出発。好天のもと北鎮と凌雲滑ってきた。未だにパウダーの大雪山。当初は石室泊で遊ぶ予定だったけど入口掘るのに断念。1.5Mは確実に掘り下げなきゃなんないし。ゆっくり腰を据えて石室で待機するより好天狙ってすみやかに遊ぶのが吉☆彡マネキ岩サイドもそこだけパウダーなんだなぁ~。最後はバテバテだったけど終日好天に恵まれたサンクス!カムイミンタラm(__)m朝陽亭の風呂から黒岳や凌雲上川岳が見えるんだけど、浸かりながら眺めているとあっというまに雲とガスで見えなくなった。

2011/03/29

黒岳石室



石室周辺を偵察。強風が吹き荒び地吹雪。いつでもホワイトになり得る雰囲気。石室をあとにするときそれまで隠れていた凌雲がチラッ☆彡風に煽られながら黒岳にもどってマネキ岩サイドは普通にパウダーでした(*^_^*)午後の黒岳は自分とスプレーのシルエットを見ながらの滑降。気持ちいい一本でした~

2011/03/27

ワイスホルン


ヒュッテに声かけて青空のもと出発。キャット走路の邪魔にならないようにあがる。ふりかえるとアンヌ北面に幾筋ものシュプール。拡がっていた青空は次第に消え白い世界へ包まれていく。ピーク着とともにホワイトアウト。今年は積雪豊富なのかハイマツもほとんど隠れている。トレース消失する前にそそくさリターン。中腹まで戻ると青空復活。早乙女学級の下りはエレガントかつ優雅に滑りながら下山。キャット整備のお兄さん(・∀・)とおしゃべりしておわり。

2011/03/26

奥手稲山

りんゆうツアーで奥手稲へ。ラッセルを心配してましたがなんとなんと天候に恵まれトレースも授かれ足並みもそろって気分も上々なにもかもエクセレンとぉ~!(^^)v山頂付近はまだまだパウダースノーひろがってました。展望も得られたしみんな初登頂ということでおめでとうございましたァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----!!!!

2011/03/24

豊平川源流スキー



三人で漁から丹鳴へスキー縦走。略してイザナル(´・ω・`)。豊平川源流域はメローで気持ちいい斜面でした。下りの林道はクロカンモードの二人を見届け早々と戦線離脱。どー考えてもぐろさん若いっ(・∀・)